NEW!! リ ーフレットが新しくなりました !  →  CLICK

提供サービス

児童デイサービスとは?

発達のゆるやかな個性を持つこどもを対象に、療育を行う専門性がある企業の名称です。
例えば友達とコミニケーションがうまくできないこどもたちには、こどもの個別/小集団に複数の指導者が介入に入り、こどもの輝いてる個性を「気づいて」あげたり「導いて」あげたり、こども同士で「遊ぶ楽しさ」を「経験させて」あげたり積み上げます。

他にも、身辺自立がなかなか定着しないこどもには、発達段階を考慮した指導を行います。運動面が苦手なこどもには、身体を使った遊びを促すなど、それぞれのこどもに合った個別支援計画の中で、それを基に様々な遊びを通した療育/支援をする場所です。

親子小集団では音楽療法を通して親子のスキンシップを中心に、親子が遊びながら寄り添いメディバランスアートを通してこどもの感覚、ことば、社会性を促していきます。

個別活動では音楽療法を通して、一人一人のこどもの個性と心身のリズムを尊重し、且つ、こどものニーズに合わせて生活の適応を目指していきます。また、音楽、運動、言葉をミックスしたメディバランスアートを行い、自主性と創造性を促していきます。

児童デイサービス事業は、児童福祉法に基づく事業です。児童福祉法による給付申請が必要となります。手続きに関しては、現在お住まいの市町村の福祉課窓口にてご相談ください。

児童デイセンター こどもの城ミュー サービスの特徴

音楽療法を通して親子のスキンシップを中心に、親子が遊びながら寄り添いメディバランスアートを通してこどもの感覚、ことば、社会性を促していきます。また一人一人のこどもの個性と心身のリズムを尊重し、且つ、こどものニーズに合わせて生活の適応を目指していきます。また、音楽、運動、言葉をミックスしたメディバランスアートを行い、自主性と創造性を促していきます。

児童の認知発達をベースにこどもたちの発達の緩やかな部分を「認め 見守り 補い」ながら日常生活の適応、社会の適応(ソーシャルスキル、アサーションスキルの構築)を目指し、「音楽」「運動」「言葉」「遊び」「造形」様々な体験と経験の積み重ねを通してこどもたちの『育ち』を見守っていきます。中高校生の児童には就労支援につながるよう社会性の経験ができるよう促していきます。

目次
閉じる